1. ホーム>
  2. 大学院案内>
  3. 麗澤大学生涯教育プラザ紹介

麗澤大学生涯教育プラザ紹介

麗澤で院生が育つ

麗澤大学大学院では、最新の設備とゆとりのあるスペースが院生に用意されています。
そこには共に研究に励む仲間や、熱心に指導してくれる教員、そして研究生活を裏方から支えてくれる職員のぬくもりがあります。
万全の環境の中で、世界に先駆ける次代の人材が育っています。

麗澤大学生涯教育プラザ

大学院生というと、一人孤独な研究生活を想像するかもしれません。「麗澤大学生涯教育プラザ」には、人との“つながり”と“ぬくもり”があり、そして、晴れの“活躍の舞台”があります。人と関わることで新たな発見があり、自らの研究を発表することで視点の転換があります。ここには、そのような環境が整っています。

院生室

自分の研究を発展させる場

院生には専用の机とロッカーが割り当てられます。「自分専用の研究室のようだ」と話す院生もいるほど、研究に没頭できる空間です。院生同士、論文の書き方やテーマについて意見を交換するなど、自分の研究を別の視点から発展させる場にもなっています。

 

大学院事務室

大学院と院生をつなぐ架け橋

履修の相談や様々な手続きなど、院生が研究に専念できるようフォローしてくれるのが大学院事務室です。ただ事務的なサポートをしてくれるだけではなく、あたたかく院生を見守ってくれる存在です。

 

プラザホール

自分の成果を示す“晴れの舞台”

論文発表や研究成果報告会などの会場としても使われるプラザホール。時には厳しい指摘も受けますが、この舞台を踏む事で、研究者の卵としてまた一回り大きく成長します。

 

 

ホワイエ

憩いの空間も充実

生涯教育プラザの中には、研究から離れてリラックスできる自動販売機が設置された飲食可能な空間があります。このホワイエで頭を切り替え、また研究に戻るための英気を養います。

 

 

 

休日でも24時間利用できる快適、安心の生涯教育プラザ

研究活動を促進する生涯教育プラザは、平日・休日を問わず24時間いつでも自由に利用できます。セキュリティ管理も万全で、安心して研究に没頭できる快適で静かな環境を整えています。