経済研究科ECONOMICS AND BUSINESS

経済研究科 修士課程 履修モデル

修士課程 履修モデル

以下に示す各コースは、研究分野に応じた授業科目の履修モデルを表したものです。
将来の目的に合わせて、効果的に研究をしていくためのモデルですので、履修の際に参考にして、有効に活用してください。

経済コース

経済学の理論、統計、歴史など、広範な分野の基礎を学び、経済問題に対しても、データに基づく分析を行い、仮説を構築する能力を養う。

  • ミクロ経済学研究
  • 金融研究Ⅱ
  • マクロ経済学研究
  • 財政学研究Ⅰ
  • 国際経済研究Ⅰ
  • 財政学研究Ⅱ
  • 国際経済研究Ⅱ
  • 開発経済研究Ⅰ
  • 経済政策研究Ⅰ
  • 開発経済研究Ⅱ
  • 経済政策研究Ⅱ
  • 西洋経済史研究Ⅰ
  • 計量経済学研究Ⅱ
  • 現代日本経済史研究
  • 金融研究Ⅰ
  • 労働経済研究

ファイナンスコース

現代の高度な金融システムに相応しいファイナンスを基礎理論から応用技術まで広く学び、その範囲は証券にとどまらず不動産まで含む。

  • コーポレートファイナンス研究Ⅰ
  • 不動産ファイナンス研究
  • コーポレートファイナンス研究Ⅱ
  • 金融研究Ⅰ
  • ファイナンス理論研究
  • 金融研究Ⅱ
  • 金融リスク管理研究
  • 都市経済研究
  • ファイナンス工学研究Ⅰ
  • 数量分析研究
  • ファイナンス工学研究Ⅱ
  • 社会情報システム研究Ⅰ
  • 金融市場研究Ⅰ
  • 社会情報システム研究Ⅱ
  • 金融市場研究Ⅱ
  • 企業法務研究Ⅲ(金融商品取引法)
  • 不動産経済研究

国際公共政策コース

国際経済、経済政策、開発経済の基本と応用を学び、経済事象に対応するための政策を提起する政策構築力を養う。

  • 国際経済研究Ⅰ
  • 西洋経済史研究Ⅱ
  • 国際経済研究Ⅱ
  • 環境政策研究
  • 経済政策研究Ⅰ
  • 開発経営研究Ⅰ
  • 経済政策研究Ⅱ
  • 開発経営研究Ⅱ
  • 開発経済研究Ⅰ
  • 国際公共政策特論Ⅰ
  • 開発経済研究Ⅱ
  • 国際公共政策特論Ⅱ
  • 西洋経済史研究Ⅰ

経営コース

ヒト、モノ、カネ、情報などの経営資源を戦略的に管理・活用し、これを成果に結びつける知識、技法、感性を学ぶ。

  • 経営管理研究Ⅰ
  • インターネット・ビジネス研究Ⅰ
  • 経営管理研究Ⅱ
  • インターネット・ビジネス研究Ⅱ
  • 経営情報科学研究
  • 経営研究特論Ⅰ
  • 日本経営史研究
  • 経営研究特論Ⅱ
  • 国際経営研究
  • 経営研究特論Ⅲ
  • 開発経営研究Ⅰ
  • 経営研究特論Ⅳ
  • 開発経営研究Ⅱ
  • 人的資源管理研究Ⅰ
  • マーケティング研究
  • 人的資源管理研究Ⅱ
  • グローバル・マーケティング研究
  • 経営戦略研究
  • ネットワーク管理研究Ⅰ
  • 経営組織研究
  • ネットワーク管理研究Ⅱ

会計・税務コース

会計・税務のプロを養成することを狙いとする。ケースなどを活用し、専門的知識を身につけるとともに、職業人としての倫理を学ぶ。

  • 会計理論研究Ⅰ
  • 租税法特論
  • 会計理論研究Ⅱ
  • 企業法務研究Ⅰ(会社法)
  • 財務管理研究Ⅰ
  • 企業法務研究Ⅱ(独禁法・消費者関連法)
  • 財務管理研究Ⅱ
  • 企業法務研究Ⅲ(金融商品取引法)
  • 租税法研究Ⅰ(所得税)
  • ビジネスエシックス研究Ⅰ
  • 租税法研究Ⅱ(法人税)
  • ビジネスエシックス研究Ⅱ
  • 租税法研究Ⅲ(消費税)

倫理・法務コース

企業倫理、社会的責任、コンプライアンスの基本と応用を学ぶ。現実の問題を取り上げ、議論を通じ、この分野の専門家を養成する。

  • ビジネスエシックス研究Ⅰ
  • リスクマネジメント研究Ⅰ
  • ビジネスエシックス研究Ⅱ
  • リスクマネジメント研究Ⅱ
  • 経営管理研究Ⅰ
  • 経営研究特論Ⅰ
  • 経営管理研究Ⅱ
  • 経営研究特論Ⅱ
  • 企業法務研究Ⅰ(会社法)
  • 経営研究特論Ⅲ
  • 企業法務研究Ⅱ(独禁法・消費者関連法)
  • 経営研究特論Ⅳ
  • 企業法務研究Ⅲ(金融商品取引法)
  • 環境政策研究

SPECIAL

for Students and Staff

ページトップへ