1. ホーム>
  2. 教員・院生・OBインタビュー一覧>
  3. 言語教育研究科:教授>
  4. 金 廷珉 准教授

金 廷珉 准教授

金 廷珉 准教授

金 廷珉 准教授
KIM, Joungmin
韓国高麗大学文学部日語日文学科卒業、東北大学大学院国際文化研究科研究生入学、東北大学大学院国際文化研究科修士課程修了、東北大学大学院国際文化研究科博士課程修了。著書に「韓国語の引用修飾節の主節化-日本語との対比を通じて-」(『日本語複文構文の研究』)ひつじ書房(2014年)など。

「のだ」文探究の果てしない旅
韓国語と日本語の文法の差異に迫る

「日本語と韓国語の文法の対照」が研究テーマです。日本語と韓国語は文法が似ているとされますが、とりわけ文末で微妙な差異があります。なかでも着目しているのが「のだ」文と呼ばれる原因や理由、根拠などの説明を述べるときなどに使われる文末形式。話し言葉では「んだ」と発音することが多いです。今までの研究では、韓国語よりも日本語の方が使用頻度が高いことがわかっています。たとえば、日本人は「お願いがあるの(ん)です(が)」と表現するケースが目立ちますが、韓国人は「お願いがあります(が)」と言い切る場合が多いです。それはなぜか? 日本人の方が韓国人に比べ、協調性を求めたがるなどいくつかの理由が考えられますが、現段階ではまだ明確な答えを見つけ出せていません。調査では、両国のテレビドラマや小説などに表れる実例を研究材料に活用しています。

このテーマは大学院での博士論文で取り組んだものであり、その時々の研究成果は米国などの国際学会で論文発表(英文)をしてきました。また、国立国語研究所の日本語研究プロジェクトに参加し、5年間に及んだ研究を成果報告書にまとめ現在、出版準備中です。2012年には同研究所主催の第5回NINJALフォーラムに講師として出席し、「日本語と韓国語、どこが似ている、どこが違う」というタイトルで講演を行いました。
現在はインターネットやテレビでの言語表現に焦点を絞り、とくにネット社会の拡大で、急激に変化しつつある韓国語の使用実態について研究しています。私の研究が、韓国の日本語学習者に少しでもお役に立つのなら…。学んできたことを社会に還元できたらと思っております。日本人だからこそ気づきにくい日本語の特異性に関する研究テーマが、まだまだ埋もれていると思います。