1. ホーム>
  2. 教員・院生・OBインタビュー一覧>
  3. 経済研究科:教授>
  4. ラウ シン イー 教授

ラウ シン イー 教授

アジア経済の動向をダイナミックに研究する。

ラウ シン イー 教授
LAU Sim Yee
東北大学大学院国際文化研究科博士後期課程国際文化交流専攻修了、博士(国際文化)。論文に「アジアにおける日本のリーダーシップ」『世界の中の日本の役割を考える』慶応義塾大学出版(2009年)。
アドバイザリースタッフとして、軍主導から民主新体制に移行したミャンマーの経済発展のために、現地の知識層の育成と研究活動の奨励に力を注いでいる。

 

今日的なテーマに挑む院生たち。

アジアの経済統合をはじめ、計画経済下にあったメコン地域諸国が、市場経済化するにあたっての課題、アジアにおける技術移転論など、広範囲な研究を指導しています。院生は積極的に今日的なテーマを選び、研究に取り組んでいます。たとえば、民主化に向けて本格的に動き始めたミャンマーの経済改革に取り組む人もいれば、消費者行動に焦点を絞った中国の経済問題にアタックする院生もいます。ユニークなところでは、日中韓のサッカー産業を取り上げ、欧州のようにサッカーを通じてより経済統合に資する方法はないか、といったテーマに挑戦している院生もいます。中国における中小企業の海外進出の分析を行っている蘭さんの研究にも、大いに注目しています。

「学ぶ」ことは生易しくない。

“学ぶ”というのは、文献を読んだら理解できる、というような簡単なものではありません。教員と議論を重ねるうちに「なるほど」と納得がいったり、あるいは研究発表など院生同士が切磋琢磨して理解を深めるものです。また、私の研究室で学ぶ人には、統計資料を見抜くトレーニングを積んでほしい。研究者にはその数字が何を語っているのか、理解できる目が必要です。物事を深く理解するのに近道はありません。学ぶということに真剣であってほしいと思います。

アジア新興国の台頭による日本とのこれからの関係の変化に注目

専門はアジア経済にかかわる研究です。日本は戦後、アジアにおいて先進国としてアジア諸国への経済援助と投資を行ってきました。しかし、近年はマレーシアやインドネシアなどに代表されるように、新興国の台頭でその関係が変貌を遂げつつあります。今までの日本からのカネ・モノ・技術の一方的な流通に変わって、人的交流がアジア諸国と日本との経済的な関係を変化させつつあります。とりわけ注目すべきは、アジアや中東のイスラム圏諸国の欧米から東南アジアと日本へのシフト。9.11米国同時多発テロ以降、西洋各国のイスラム教徒に対する偏見は強まり、アラブ諸国の富裕層はリゾート地に欧米を避け、ムスリムとの軋轢のない日本を選ぶようになってきています。しかし、日本にはハラール(イスラム法で食べることが許されている食材・料理)など、イスラム文化への対応ノウハウが乏しい。日本は身近なアジア圏のイスラム諸国から学ぶ時代になってきた。麗澤で学んだ院生たちには、この事実を踏まえてアジアと日本とのかけ橋を目指して、研究に励んでほしい。

経済の自由化を目的とした環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が、いよいよスタートします。世界的な経済統合はかつてない勢いで進展しており、経済学の研究者には定期的に貿易、投資、サービス、そして、人の動きを研究することが求められています。経済のグローバル化が進めば、国際間の経済活動の研究成果を実業界の実務に反映させる必要性が、今以上に重要になってきます。私は院生には現在起こっていることに密着して研究しろと言っています。面倒でも、時間がかかろうとも結論を出すまでのプロセスが大切。それが研究者としての成長につながる。これからも若い人たちと一緒に研究を続け、新たな研究成果を社会に還元させたいと考えています。