1. ホーム>
  2. 教員・院生・OBインタビュー一覧>
  3. OB情報>
  4. 今村 泰也 さん

今村 泰也 さん

研究者 国立国語研究所 日本語教育研究領域 プロジェクトPDフェロー

今村 泰也 さん

言語教育研究科 日本語教育学専攻(博士後期課程) 2014年3月修了
今村 泰也 さん
IMAMURA, Yasunari
大学院での研究テーマは「ヒンディー語の所有表現」。インドの主要言語であるヒンディー語には英語の〈have〉に相当する動詞がないことに着目。世界の諸言語から見たヒンディー語の所有表現の特徴や位置付けを考察した。

日本語の研究や学習をサポートするツールを開発し、世界に向けて発信。

現在、国立国語研究所で日本語教育のプロジェクトと日本語を世界の諸言語と対照するプロジェクトに携わっています。日本語教育のプロジェクトでは、日本語学習者や日本語教師が、日本語の多義的な基本動詞の理解を深めることができるようにわかりやすく解説した「基本動詞ハンドブック」(Web上で公開)の視聴覚コンテンツ(例文の音声やショートアニメ)の開発を担当しています。これまで言語教育・研究のためのいくつかのツール開発に関わってきましたが、いずれのツールもアクセス数が多く、世界中の言語研究者や日本語教師、日本語学習者のお役に立っていることにやりがいを感じます。

大学院の一番の思い出はヒンディー語の授業。学生は私1 人で、毎回自分が読みたいヒンディー語のテキストを持参し、先生の前で9 0 分間、その内容を日本語に訳すという“苦行”を3年間続けたことです。予習がとにかく大変で、授業が終わると、緊張と疲労で汗びっしょりになりましたが、この個人指導が良い鍛練になりました。また、ヒンディー語と日本語の対照研究を行う中で、いくつかの論文を書きました。このときの研究が現在の仕事に活かせていることは、言うまでもありません。大学院は少人数教育ですから、密度の高い授業を受講できるのが魅力ですね。