1. ホーム>
  2. 教員・院生・OBインタビュー一覧>
  3. OB情報>
  4. 和田 素賀子 さん

和田 素賀子 さん

日本語教師 早稲田大学 日本語教育研究センター 非常勤講師

和田 素賀子 さん

言語教育研究科 日本語教育学専攻(博士前期課程) 2014年3月修了
和田 素賀子 さん
WADA, Sugako
1975年、岩手大学教育学部卒業後、2008年まで青森市で小学校教諭として勤務。2009年~’11年、JICAシニア海外ボランティアに参加。ネパールで日本語教育に携わる。大学院での研究テーマは「非漢字圏漢字学習成功者の方略に関する研究‐リソース活用についてのインタビューをもとに‐」。

学ぶ側の視点を持って、日本語学習に取り組む学生たちの期待に応える。

週4日、日本語を教える90分間の授業を各2コマずつ(計8コマ)受け持っています。勤務する日本語教育機関は「学びたい全ての学生のための日本語教育を目指して」を教育目標に掲げており、多彩な教育プログラムを入学希望者に提 供しています。そのためもあり担当するクラスの学生は非常に優秀で、彼らに正しい日本語を身につけてもらい、母国と日本とのかけ橋になってもらいたいという思いを持って、教壇に立っています。

担当授業「総合日本語3」は、初級学習を修了した学生が中級に進むための土台づくりという位置付けの授業ですが、ここでは調査・レポート作成が大きな比重を占めています。学生から提出された意見文やレポートへの指導、アンケートやインタビューなど調査活動に対するアドバイス、あるいはプレゼンテーションの内容の批評などを行うとき、自らが麗澤で学び、経験したことが活かせています。私自身が彼らと同じ学ぶ側であったとき、一生懸命に努力しているつもりでもなかなか前に進めず、悩み苦しみました。しかし、教授やゼミ生に励まされ、少しずつ研究を深められた喜びは忘れられません。そのときの気持ちをしっかり胸にいだき、真剣に日本語学習に取り組む学生たちのために今日も授業に向かいます。