1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 修了生・博士後期課程院生 言語学会で発表

2007/06/20

修了生・博士後期課程院生 言語学会で発表

今村泰也さん

陳君慧さん

2007年6月16-17日に麗澤大学で開催された日本言語学会第134回大会にて、博士後期課程修了生陳君慧さん(台湾・中山大学研究員)と、博士後期課程院生今村泰也さんが研究発表をしました。陳さんは、「日本語の動詞はなぜ後置詞化するのか:再分析が起こる文脈の意味的・構造的特徴から」というタイトルで、日本語後置詞の成立過程について発表しました。今村さんは、「ヒンディー語のの三用法」というタイトルで、ヒンディー語で未来を表すとされてきた形式についての新しい見方を提案しました。