1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2007 国際経済研究科 修士論文 中間報告会を開催!

2007/10/18

2007 国際経済研究科 修士論文 中間報告会を開催!

国際経済研究科の2年次生28名による修士論文の中間報告会が、9月26日(水)、9月27日(木)の2日間、朝10時から夕方4時30分まで、生涯教育プラザ棟のプラザホールにおいて、開催されました。修了生も駆けつけて、2日間ののべ参加者数は、教員、修士課程、博士課程の院生、研究生、学部生あわせて約80名に上りました。
小野研究科長のあいさつの後、早速一人ずつ報告が始まりました。多くの参加者を目の前に緊張した面持ちの2年次生達は、10分という限られた報告時間の中、パワーポイントを駆使して、論点をいかに分かりやすく伝えるかに腐心していました。それぞれの報告の後には、10分ずつ質疑応答の時間が設けられ、会場の先生方や学生から質問が飛び交い、活発な意見交換がなされました。報告を終えた学生から、「厳しい指摘を受けたが、今後やるべきことが明確になり非常に良かった」との声を聞くことができました。
9月27日の報告会終了後、夜6時からは、廣池学園のキャンパスプラザに会場を移して、学生、教員合わせて40名が参加しての慰労会も開催されました。報告を終えた2年次生と指導教員の先生方が、料理やお酒を片手に語らう姿から、ホッとした雰囲気が伝わってきました。また、新疆ウイグル自治区出身の学生による、弦楽器タンブルの演奏と伝統歌「ふるさと」や美空ひばりの「お祭マンボ」の歌の披露があり、会場は大いにわき、和やかなうちに慰労会は終了しました。

●中間報告会で発表された論文題目は以下のとおりです。
○これからのグローバル・ブランドマネジメント
窶披€秤ニ電、自動車、化粧品企業の事例研究による提言窶披€板
○中国「非重点産業」の発展戦略
窶披€白・痩サ粧品産業を中心に窶披€板
○日本の中小卸売業の「連携戦略」
窶披€粕錘s地方卸売業の事例を中心に窶披€板
○中国国有企業の民営化
○中国における産業政策と企業変革
窶披€秤ニ電企業の環境適応を中心に
○中国における統括会社の展開
窶披€箔卲n電気・電子企業を中心に窶披€板
○新しいステージに向けた総合型地域スポーツクラブの経営
○GISの可能性とGISソフトの実践的試行
窶披€買}ーケティングの意思決定を例として窶披€板
○中国における日系小売業の現地化問題
窶披€買Cトーヨーカ堂の事例研究窶披€板
○日系中小企業の現地経営
窶披€白・早E大連開発区を中心に窶披€板
○台湾における企業倫理制度化の現状と課題
窶披€博タ証調査に基づく日台比較窶披€板
○移転価格税制における費用分担契約に関する研究
○眼鏡産業の産業集積に関する日中比較
窶披€舶汕芟ァと丹陽市を中心に窶披€板
○中国農村間の社会保障格差問題について
窶披€博蛯ノ養老保険を中心に窶披€板
○中国における男女賃金格差拡大問題について
○給与所得控除の問題点と今後の展望
○企業文化におけるリーダーシップ
窶披€拍シ下電器と台湾プラスチックグループの比較
○タックス・ヘイブン対策税制に関する一考察
窶披€煤u広東型来料加工」についての事例分析
○会計ディスクロージャーとしての財務報告のあり方
○情報化社会における出版業界のマーケティング戦略
○変動持分事業体会計のフレームワーク構築に関する研究
○同族会社税制に関する研究
○業種区分にみる租税法律主義
○中国企業の成長と組織革新
窶披€白・曹フ電気産業を中心に窶披€板
○学校教育における安全のあり方
窶披€箔坙{の事例を中心とした考察窶披€煤@     
○インターネットと情報革命
○交際費課税における基本的姿勢と問題点
○日本における地域医療連携に関する研究

1報告会

2報告会

3報告会

4慰労会にて

5慰労会にて

6慰労会にて

7 ウイグルの楽器タンブルとマイマイティニ氏

8 歌と演奏に笑顔の院生たち