1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 恒例の夏期日本語セミナーで院生が日本語教育実習

2006/09/06

恒例の夏期日本語セミナーで院生が日本語教育実習

7月3-28日にかけて、恒例の麗澤大学夏期日本語セミナーが実施されました。香港理工大学の学生11名が月曜日から金曜日には生涯教育プラザで日本語の授業を受け、授業の後や週末には国際交流センターの行事などに参加して日本文化に触れたり、ホームステイなどを通して交流をしました。
日本語教育学専攻の院生も教師を勤め、日本語教育実習の場ともなっていますが、特に留学生の院生にとっては日本語を教える初めての経験。以前学習者であった自分自身を思い出しながら教えることの難しさと奥深さを体験しました。最終日28日の修了式では、初日のような緊張した面影はなく、本セミナーでの充実した日々を語り合う元気な姿が見られました。

院で学んだことを実践に生かしてよりよい日本語教師を目指します

参加者の熱心な様子