1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2008年度 大学院生の学会発表等予定 

2009/02/16

2008年度 大学院生の学会発表等予定 

言語教育研究科

発表予定が決まり次第、随時更新します。

区分 発表者 内容
研究
発表
大出美和子
日本語教育学専攻
博士前期課程
2009/03/08 研究発表
タイトル:日本語学習者の学習意欲向上に対するインプロ(Improvisation)の有効性
場所:ビクトリア大学(カナダ)
主催学会:国際表現言語学会(第二回大会)

研究
発表
京谷美代子
日本語教育学専攻
博士後期課程
2009/03/26 研究発表
タイトル:連体修飾「の」と「な」の修飾構造と機能
場所:Sheraton Chicago Hotel and Towers (アメリカ)
主催学会:ATJ 2009 Seminar Program (ATJ : Association of Teachers of Japanese)
研究
発表
木山 幸子
日本語教育学専攻
博士後期課程 
(玉岡賀津雄教授・滝浦真人教授との共同発表)終了しました
2008/11/29-30 研究発表
タイトル:"Motivations behind face-work by native Japanese speakers in conflict situations between self and other"
場所:金沢大学
主催学会:日本言語学会(第137回大会)
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています。
研究
発表
今村 泰也
日本語教育学専攻
博士後期課程 
(坂本比奈子教授との共同発表) 終了しました
2008/11/29-30 研究発表(ポスター)
タイトル:ヒンディー語とムラブリ語の属格所有表現
場所:金沢大学
主催学会:日本言語学会(第137回大会)
研究
発表
秋本 瞳
日本語教育学専攻
博士後期課程 
終了しました
2008/08/27-29 ヨーロッパ日本語教育シンポジウム
タイトル:命題を名詞化する「の」「こと」が共に用いられうる場合の明示的差異 ――日本語教育の視点から――
場所:トルコ/チャナッカレ・オンセキズ・マルト大学
主催学会:ヨーロッパ日本語教師会
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています。
研究
発表
竹村和子
日本語教育学専攻
博士後期課程
終了しました
2008/07/11-13 研究発表(ポスター)
タイトル:自然な句のアクセントを生成する ―自動付与システムに必要なこと―
場所:韓国/釜山外国語大学
主催:日本語教育学世界大会 2008、日本語教育学会
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています
研究
発表
張 群
日本語教育学専攻
博士前期課程
2008年修了
終了しました
2008/07/11-13 研究発表
タイトル:詫び表現の日中対照研究 ―ポライトネスの観点から―
場所:韓国/釜山外国語大学
主催:日本語教育学世界大会 2008、日本語教育学会