1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2009年度 大学院生の学会発表等予定

2009/06/12

2009年度 大学院生の学会発表等予定

言語教育研究科

発表予定が決まり次第、随時更新します。

区分 発表者 内容
研究
発表
木山 幸子
日本語教育学専攻
博士後期課程
終了しました
2009/11/28 研究発表
タイトル:「Mechanism of multiple-factors influencing responses to accusation」
場所:神戸大学
主催学会:日本言語学会第139回大会
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています
研究
発表
胡 叡
日本語教育学専攻
博士後期課程
終了しました
2009/11/28 研究発表
タイトル:「日本語における意見表明の仕方に関する一考察」
場所:神戸大学
主催学会:日本言語学会第139回大会
発表内容: 2009年度 大学院生の学会発表 【胡 叡】
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています
研究
発表
胡 叡
日本語教育学専攻
博士後期課程
終了しました
2009/10/24 研究発表
タイトル:「同意と不同意の表し方の日中比較(口頭発表)」
場所:早稲田大学
主催学会:待遇コミュニケーション学会
研究
発表
趙 相煕
日本語教育学専攻
博士後期課程 
終了しました
2009/10/4 研究発表
タイトル:「現代韓国語対者待遇法の実例による用法の分類」
場所:奈良・天理大学
主催学会:第60回 朝鮮学会
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています
研究
発表
丁 仁京
日本語教育学専攻
博士後期課程 
終了しました
2009/10/4 研究発表
タイトル:「韓国語の終結語尾 ‘-ngeol’‘-lgeol’の考察」
場所:奈良・天理大学
主催学会:第60回 朝鮮学会
発表内容: 2009年度 大学院生の学会発表 【丁 仁京】
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています
研究
発表
今村 泰也
日本語教育学専攻
博士後期課程
終了しました
2009/10/3-4 研究発表
タイトル:「ヒンディー語のいわゆる接辞 -vト〕ト脀 の形態論的位置付け」
場所:北九州市立大学北方キャンパス
主催:日本南アジア学会(第22回全国大会)
発表内容: 2009年度 大学院生の学会発表 【今村泰也】
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています
研究
発表
斎藤 茂
日本語教育学専攻
博士後期課程 
終了しました
2009/06/20 研究発表
タイトル:「対象の格表示と動詞 ―「と」による引用節(句)を含むテアル構文の考察から―」
場所:韓国釜山
主催学会:韓国日語日文学会 
発表内容: 2009年度 大学院生の学会発表 【斎藤 茂】
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています
研究
発表
秋本 瞳
日本語教育学専攻
博士後期課程

 

丁 仁京
日本語教育学専攻
博士後期課程 
(共同発表)
終了しました

2009/06/20 研究発表
タイトル:「日韓両言語の名詞化辞の対応関係-「の」「こと」と「geos」の対比を通じて-」
場所:韓国・釜山大学
主催学会:韓国日語日文学会
発表内容: 2009年度 大学院生の学会発表 【秋本瞳・丁仁京】
*この発表は、麗澤大学大学院学会発表助成を受けています
研究
発表
趙 萍
日本語教育学専攻
博士後期課程 
終了しました
2009/05/24 研究発表
*玉岡賀津雄(名古屋大学)、木山幸子(麗澤大学大学院生) との共同発表
タイトル:「中国人日本語学習者による「のだ」「のか」の使用条件・非使用条件の習得と日本語能力との因果関係」
場所:明海大学浦安キャンパス
主催学会:日本語教育学会(春季大会) 
発表内容: 2009年度 大学院生の学会発表 【趙 萍】
研究
発表
今村 泰也
日本語教育学専攻
博士後期課程
終了しました
2009/06/20 研究発表
タイトル:「ヒンディー語・ウルドゥー語のrakhnaa(put/keep)による所有表現」
場所:神田外語大学
主催:日本言語学会(第138回大会)
発表内容: 2009年度 大学院生の学会発表 【今村 泰也】