1. ホーム>
  2. 入試・入学案内>
  3. 長期履修制度について

長期履修制度について

麗澤大学大学院 長期履修制度の概要について

本学大学院博士課程(前期)・修士課程では、社会人で職業を有しながら就学する等(育児、親族の介護等を含む)、十分な学修時間を確保することが難しい方を対象として、修業年限を延長することで時間的負担を軽減する長期履修制度を設置しています。

1.対象者

博士課程(前期)および修士課程が実施する社会人選抜において合格し入学を許可された者を対象とし、正規雇用(自営業を含む)・非正規雇用において、当該収入が生計維持の収入である場合や、育児および親族の介護を行う必要がある場合とします。

2.長期履修期間

3年もしくは4年とし、申請時に選択します。入学後の休学期間は含みません。ただし、通常の修業年限と同様に4年を超えて在籍することはできません。長期履修期間3年の者が半年間または1年間引き続き在学を希望する場合は、通常の履修学生の在籍延長と同様の学籍扱いとなります。

3.申請方法・時期・結果通知

長期履修を希望する方は、社会人選抜への出願と同時に下記書類を提出します。通常の社会人選抜の合否判定において併せて審査し、認定者には入学者選抜の合格発表と共に通知します。

《申請書類》

長期履修申請書(本学指定用紙)
長期履修計画書(本学指定用紙)
③ 在職を証明する書類(就業を理由に申請する場合)
④ その他長期履修を必要とする事由に関する書類

4.納付金

授業料と施設費を標準修業年限(2年)で乗じて、該当する長期履修期間(3年もしくは4年)で除した額を、年度ごとに納入します(3年形式のみ施設費の端数を1年目に加算)。入学金は初年度のみ、その他諸会費は通常学生同様に納入します。長期履修期間3年の方が1年間引き続き在学する場合は、通常学生の在籍延長と同様の学費(半年間または1年間)を納入します。

5.長期履修期間の短縮

長期履修期間変更申請書の提出により、履修期間を学期単位で短縮することができます(在学中1回のみ申請可)。3年形式は1年次の12月末まで、4年形式は2年次の12月末までに申請します。
(短縮パターン)長期履修3年→2年・2年半、長期履修4年→2年・2年半・3年・3年半
なお、短縮後の期間で修了できなかった場合は、通常の学生の在籍延長と同様の学籍扱いとします。長期履修期間の短縮が認められた方は、所定の授業料・施設費の総額が標準修業年限(2年)で納める金額と同額になるように、既に納入した額との差額を最終学期に精算するかたちで納入します。

6.補足事項

(1)本学博士課程(後期)・博士課程には、長期履修制度はありません。
(2)長期履修制度への申請には、博士課程(前期)・修士課程の社会人選抜に出願しなければなりません。社会人選抜への出願資格は入学試験要項で詳細を確認してください。
(3)通常履修期間(2年間)を予定して入学した後に、在籍中に長期履修を申請することはできません。
(4)長期履修制度は、在籍途中での諸事情(療養、海外留学、経済的要因等)により一定期間履修を中断および延期するための制度ではありません。そのような場合には、休学を申請していただきます。

※麗澤大学大学院長期履修制度に関してのご質問は、下記までお願いします。

〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
麗澤大学大学院事務室
TEL:04-7173-3633 FAX:04-7173-3767
E-mail:daigakuin-ka@reitaku-u.ac.jp