LANGUAGE EDUCATION

研究科長メッセージ

予測できない社会において専門知識をいかし、社会に貢献し、世界平和の一躍を担う人材を育成します

社会に貢献する日本語教育・日本語学・比較文明について探求する

言語教育研究科は日本語教育を柱に、「ことばとコミュニケーションのしくみ」、「ことばとコミュニケーションの学習と教育」、「ことばとコミュニケーションの背後にある文化・社会」について探求するところです。ことばとコミュニケーションは社会の最も重要な基盤であり、日本社会では、日本語母語話者と非母語話者が日本語によるコミュニケーションを通してより良い社会を作っていくことが求められています。世界規模で見れば、予測できない事態が起こる中、ことばの背後にある「自己の文化」を見つめなおし、異なりや多様性を尊重することがこれまで以上に求められています。

麗澤大学は、小規模な魅力的な大学です。言語教育研究科では、言語研究・言語教育研究、および比較文化・比較社会研究の第一線で活躍している研究者が、最新の研究成果を紹介しながら、少人数教育による実践的な指導をおこなっています。学生が学びやすい環境や制度の整備にも力を入れており、大学院生には専用の机が割り当てられ、院生室で思う存分、勉強や研究に打ち込むことができます。社会人、特に現職の日本語教師の方が仕事と大学院での学びを両立させるための「長期履修制度」も設けています。

私たちは、研究者・大学教員としての社会的責任を自覚し、「知徳一体」の建学の精神のもと、研究と教育を通じて、よりよい社会の実現のために貢献することをめざしています。

麗澤大学という場で、みなさまとともに、学び、研究することを楽しみにしています。

研究科長プロフィール

近藤 彩 博士(人文科学)KONDOH, Aya, Ph.D.

お茶の水女子大学大学院後期課程単位修得退学、同年博士号取得。政策研究大学院大学、麗澤大学外国語学部教授、麗澤大学別科長などを経て現職。麗澤大学国際学部教授、日本語教育コラボレーションセンター長。日本語教育学会理事他。専門は、日本語教授法、協働学習、ビジネスコミュニケーション、外国人労働者の環境整備。近年は、NHK WORLD "Easy Japanese for Work”「しごとのにほんご」番組監修及びコンテンツ開発を行っている。著書に『日本人と外国人のビジネスコミュニケーションに関わる実証研究』(単著)など、論文多数。海外講演はインド、韓国、キルギス、フランス、ベトナム、ロシアなど。官民と協働しながら研究と人材育成に携わっている。

SPECIAL

for Students and Staff

ページトップへ