学校教育研究科Graduate School of Education

学校教育研究科 修了生紹介

修了生紹介

社会で活躍する修了生の声

学校教育研究科1期生 2019年度修了生

城ケ崎 滋雄 さん
JOGASAKI, Shigeo

道徳を深く学ぶ。

「そもそも道徳とはなんだろう」ということを研究したいと思い、麗澤大学大学院学校教育研究科に入学しました。 教師としての日々の関心は、他教科と同じように道徳の授業の仕方に目が行きがちです。どんな授業が良いのか、発問はどうなのか、という教材研究が主となります。 しかし、道徳の原点は何なのか、誰が考えたのか、という根本的なことを学ぶことで、それが授業に活きると思い、徳目の基礎となる 、考えを知る基礎研究を学び直すために入学しました。
道徳教育専攻の授業は、理論や歴史など道徳を幅広く学ぶことができました。特に、授業を離れて道徳を見つめることができたことは、 これからの研究にとって有意義な学びとなりました。

恩師から学んだこと、そして実践へ

私の修士論文の指導教員である川久保剛先生からは、道徳についての裾野を広げるだけでなく、研究者としてのあり方、そして教師としてのあり方を教わりました。 日本の道徳思想の特質や広がりについて和辻哲郎氏を手掛かりに考えてみるというユニークな授業を通じて、修士論文の指導を受けました。 和辻氏の思想はもとより、和辻氏に関連する人物との関係が波紋のように広がる解説に毎回引き込まれました。 また、川久保先生は常にまず私の考えを受け入れてくださり、そして批判するのではなく、一つの確かな見解として受け止めてくだいました。 教える者として、また人としてのあり方を学びました。 こうした恩師との関係性を築いていく中で、私の意識も変化しました。 勤務校の授業で、児童が主体的に学びの場を展開するとき、児童の多面的・多角的な考え方を否定せず、まず受け入れ、そして導くということを意識するようになりました。

本学で学ぼうと考えていらっしゃる方へ

教育現場での道徳の授業の多くは、教科書を読んで内容項目の理解につなげる構成になっています。 しかし、私は教科書には必ずしも明確に書かれていないところにまで子供たちの思いをめぐらせて、内容項目の深い理解につなげること、 そしてそこから子供たちの多様な価値観を引き出す授業を目指しています。 そのためには教材分析力はもとより、内容項目の道徳そのものの深い理解がまず教師に求められると考えました。 そこで私は内容項目の歴史的な研究と同時に徳目の思想的な考察に取り組みました。 そうした研究を通じて、道徳の授業で取り上げる内容項目の背後にある道徳そのものの深い理解を前提にした授業づくりができるようになったと実感しています。 私は道徳教育専攻の2年間で、道徳授業だけを念頭に置いていた状況から一度頭を離した学びができました。道徳の本質的な学びができたことによって、子供たちの多様な価値観をそれまでより引き出せるようになったと思います。道徳教育専攻は、道徳の専門家から、研究者としての素地や意識を学べる場所だと思います。

もっと読む

学校教育研究科1期生 2019年度修了生城ケ崎 滋雄 さん JOGASAKI, Shigeo

現在、千葉県公立学校に勤務。
修士論文科目:戦後道徳教育における「個人と共同体」ーその歴史学的・倫理学的考察ー

学校教育研究科2期生 2020年度修了生

石黒 真愁子 さん
ISHIKURO, Mayuko

道徳教育専攻で学修した大きな「学びの地図」

私は長年、「道徳と音楽との関連」をテーマに研究を続けてきました。しかし、主に自分の実践からの研究であったため、研究を続けていく中で不安がありました。 そんな中、2018年に日本で初めて麗澤大学大学院に学校教育研究科道徳教育専攻が誕生したことを知りました。 道徳教育専攻に入学し学ぶことができれば、自分が経験を通して研究したことの意味付けができ、 さらに、これまでの日本の道徳教育がどうであったか、世界の道徳教育がどのような状況なのか、 またどのような指導法が行われ今日に至るのかなど、体系的に道徳教育を学ぶことができるのではないかと思い、受験を決めました。

自分探しの旅、そして恩師との出会い

学校教育研究科での学修は、一言で表すことはとても難しいですが、今振り返ると、自分探しの旅でした。 様々な授業を通して、今までの自分の経験や研究を理論的に意味付けすることができました。 そして道徳そのものを学問的に広く深く学修できました。 広く深く学修できたのは、指導教員である井出元先生との出会いがとても大きかったです。 私にとって井出先生は灯台のような存在で、その明かりを指針としながら2年間努力を重ねてきました。 2年間の学びが終わった今、自分自身が根底から生まれかわって脱皮したように感じます。また道徳教育は師弟同行です。 自分が学び続ける姿勢が子供たちや教師を目指す大学生へ良い影響を与えていくものと思います。 井出先生との出会いは、これからの自分の人生の生き方の支えになっていくと確信しています。

暗中模索からの脱出

2年間の学修を経て、今まで自分がいかに狭い視野や空間だけで道徳教育を考えていたかに気づきました。 今思えば暗中模索だったと思います。しかし2年間の学修を通して、目の前には「学びの地図」が広がりました。 これからは道徳教育を俯瞰的に見つめ、広い視点から、児童・生徒・学生に接することができます。 また、2年間の学修で自分の中にぶれない軸を得ることができ、道徳教育の不易な部分がクリアになりました。 不易と流行の双方から、時代の要請と児童生徒の実態に応じた適切な指導方法を工夫改善し、さらに実践を重ねていきたいと思います。

最後に

おそらく現職の先生方の中には、入学前の私と同じように悩みや迷いを抱えながら道徳教育と向き合い、道徳教育を進めている方もいらっしゃるかもしれません。 麗澤大学大学院学校教育研究科道徳教育専攻では、体系的に道徳教育を学修することできるので、今まで経験でしかわからなかったことを意味付けすることができます。 そして、2年間の学修で大きな「学びの地図」を得ることができます。今後の学校教育現場だけでなく、自分の人生も大きく広げることができると思います。 私は、学校教育研究科での2年間の学びに感謝の気持ちでいっぱいです。熱心にご指導くださる心温かな先生方や、絵画のような美しいキャンパス、 そして、きめ細やかにご支援くださる大学院スタッフの方々等、本当に素晴らしい環境の中で学ばせていただきました。 道徳教育専攻修士課程は修了しましたが、これからもここで得た学修を土台に、さらなる研究を続けていきたいと思います。

もっと読む

学校教育研究科2期生 2020年度修了生石黒 真愁子 さん ISHIKURO, Mayuko

現在、大学非常勤講師
修士論文科目:道徳教育と音楽教育との関連を図った道徳性の育成

SPECIAL

for Students and Staff

ページトップへ