ECONOMICS AND BUSINESS

研究科長メッセージ

知識・能力+敬われる人格を兼ね備え、国内外から期待される研究者、実務専門家に

「知徳一体」の経済・経営学の研究

経済研究科は、本学の建学の理念に根ざした大学院教育を掲げています。すなわち「知徳一体」の体現を目指し、「知」=経済・経営学、「徳」=人として進むべき道、の両方を理解できる社会にとって有為な人材を育成することが、教育研究の最大の目的です。

修士課程においては、経済社会での実務や研究分野で必要な高度な専門知識、スキルを体系的に修得できる各コースを設置。経済、ファイナンス、国際公共政策、経営、税務・会計(CSR会計)、倫理・法務関係とコースは多彩で、専攻を超えて柔軟に関連科目を選択受講することが可能です。

博士課程では、経済学および経営学の各領域において、先導的な研究を推進できる研究者と実務専門家の養成を眼目に、国内外の諸機関で期待されている公共政策を担い得る即戦力の輩出が重要なテーマです。

大学院の可能性への挑戦

国内はもとより、広く海外からの留学生も受け入れている本学大学院では、公共善の探究を核に「第1の徳(知識、技術的な能力)」、「第2の徳(尊敬される人柄や人格)」の涵養と獲得を第一義としています。この2つの「徳」を兼ね備えた人材こそが、政府やそのシンクタンク、あるいは地方自治体、民間企業や研究機関などで将来、解決すべき社会的な課題を発見し、解決するための道筋を論理的に明らかに指し示せるものと確信しています。

研究科長プロフィール

中野 千秋 教授 NAKANO, Chiaki

東北大学経済学部卒(経済学士)。慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)。慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学。米国ジョージワシントン大学経営行政管理大学院博士課程修了(Ph.D.)。主な研究テーマは、「倫理的組織風土に対する実証研究」「企業倫理の国際比較」など。

SPECIAL

for Students and Staff

ページトップへ