1. ホーム>
  2. 言語教育研究科>
  3. 英語教育専攻 修士課程

英語教育専攻 修士課程

英語学、英語教育学、コミュニケーション学を深める

修士課程

英語教育専攻 修士課程

平成28年度授業科目

分類 科目名 単位 担当者 履修年次 学期 備 考



英語学原論A 渡邊 信教授 1年次 1学期
英語学原論B 渡邊 信教授 1年次 2学期
英語教育学原論I 望月 正道教授 1年次 1学期
英語教育学原論Ⅱ 望月 正道教授 1年次 2学期
Intercultural Communication Theory I 高本 香織准教授 1年次 1学期
Intercultural Communication Theory Ⅱ 高本 香織准教授 1年次 2学期





英語の文法現象A 渡邊 信教授 1~2年次 1学期
英語の文法現象B 渡邊 信教授 1~2年次 2学期
口語英文法研究I 渡邊 信教授 1~2年次 1学期 隔年
口語英文法研究II 渡邊 信教授 1~2年次 2学期 隔年
英語意味論・語用論A 渡邊 信教授 1~2年次 29年度1学期 隔年
英語意味論・語用論B 渡邊 信教授 1~2年次 29年度2学期 隔年
英語音声学・音韻論A 中道 嘉彦教授 1~2年次 1学期 隔年
英語音声学・音韻論B 中道 嘉彦教授 1~2年次 2学期 隔年
英語歴史言語学A 中道 嘉彦教授 1~2年次 29年度1学期 隔年
英語歴史言語学B 中道 嘉彦教授 1~2年次 29年度2学期 隔年
英語コーパス言語学 滝沢 直宏講師 1~2年次 1学期 集中講義
社会言語学A 大野 仁美教授 1~2年次 1学期
社会言語学B 大野 仁美教授 1~2年次 2学期




第二言語習得研究A 望月 正道教授 1~2年次 1学期 隔年
第二言語習得研究B 望月 正道教授 1~2年次 2学期 隔年
英語教授法研究A 望月 正道教授 1~2年次 29年度1学期 隔年
英語教授法研究B 望月 正道教授 1~2年次 29年度2学期 隔年
メディア・スタディーズA 日影 尚之教授 1~2年次 1学期
メディア・スタディーズB 日影 尚之教授 1~2年次 2学期





|



Intercultural Communication Research A 高本 香織准教授 1~2年次 1学期
Intercultural Communication Research B 高本 香織准教授 1~2年次 2学期
Communication Research Writing I 1~2年次 29年度1学期 隔年
Communication Research Writing Ⅱ 1~2年次 29年度2学期 隔年
Organizational Communication I コミサロフ, アダム M講師 1~2年次 1学期 集中講義
Organizational Communication Ⅱ コミサロフ, アダム M講師 1~2年次 2学期 集中講義
Interpersonal Communication A マクヴェイ,ポール C.教授 1~2年次 1学期
Interpersonal Communication B マクヴェイ,ポール C.教授 1~2年次 2学期





アカデミック・スキルズ (注1参照) 1年次 1学期 オムニバス形式
言語技術概説A 鈴木 有香講師 1~2年次 1学期
言語技術概説B 鈴木 有香講師 1~2年次 2学期
情報処理概論 千葉 庄寿教授 1年次 1学期
情報処理研究A 千葉 庄寿教授 1~2年次 1学期
情報処理研究B 千葉 庄寿教授 1~2年次 2学期
教育・心理統計演習A 中村 健太郎講師 1~2年次 1学期 集中講義
教育・心理統計演習B 中村 健太郎講師 1~2年次 2学期 集中講義
言語テスト論 望月 正道教授 1~2年次 2学期
言語文化研究A(東アジア) 松金 公正講師 1~2年次 1学期 集中講義
言語文化研究B(東南アジア) 三上 直光講師 1~2年次 2学期 集中講義



英語教育特別研究Ⅰ 中道 嘉彦教授 1年次 1学期/2学期
英語教育特別研究Ⅱ マクヴェイ,ポール C.教授
望月 正道教授
渡邊 信教授
高本 香織准教授
2年次

注1【アカデミック・スキルズ担当者】
井出教授、犬飼教授、井上教授、岩澤教授、梅田教授、大野教授、梶田教授、金丸教授、黒須教授、櫻井教授、田中教授、中道教授、望月教授、金准教授、高本准教授

【修了要件単位】
基礎科目/8単位(Ⅱは2単位以上必修。他専攻の基礎科目を2単位まで含むことができる。)
専門科目/16単位(修士論文を提出しない場合は24単位が必要。)(英語学、英語教育学、コミュニケーション学から8単位が必修。他専攻専門科目を6単位まで含めることができる。その6単位には経済研究科修士課程の国際科目を2単位まで含めることができる。)
特別研究/6単位

1年修了者の声

言語教育研究科 英語教育専攻(修士課程)
2016年3月修了
湯浅 貴行 さん

一生の糧になる大学院での学びを、1年でマスターできました。

大学4年生の時、ゼミの先生が行っている大学院の授業を受講して、面白いと思いました。その先生の勧めもあり、1年で大学院の教育をマスターできる短期履修制度にチャレンジ。大学4年までに大学院の授業を10単位取り、春休みをフル活用して、大学院での研究や実験の準備をしました。院に入学後は、それまで勉強していた「読解力における語彙のカバー率の研究」を進めるとともに、実験を実施。その結果をもとに論文を書き、学会で発表することもできました。通常、大学4年になると週に1度くらいしか大学に行かないことが多かったのですが、その時間を利用して、効率よく学べたと思います。ゼミの指導教員と院生という少数精鋭の環境では、自分がやらないといけないことを先生に明確に言ってもらえるのが良かったですね。研究の進め方に問題があったり、間違っているところがあると、すぐに丁寧に教えてもらいました。「このままでは研究が終わらないよ」と、先生にプレッシャーを掛けていただいたこともたびたびです。研究や勉強、アルバイトの連続の濃密な毎日のなかで、「2年掛けて院を卒業してもいいかな」と思うこともあったのですが、望月先生に叱咤激励され、何とか1年で終えることができました。短期で卒業できるのは経済的にも助かるし、早くに現場に出れられるのがうれしいですね。大学院での学びは、将来の糧になリます。それを1年で達成できたというのは大きな収穫です。