言語教育研究科LANGUAGE EDUCATION

言語教育研究科 比較文明文化専攻 博士課程(前期・後期)

比較文明文化専攻
博士課程(前期・後期)

博士課程(前期)

基礎科目(8単位履修)

基礎科目

比較研究を行う意義、その方法論、世界各地の文明・文化の基礎を学びます。

  • 比較文明学原論
  • 比較文化学原論
  • 地域研究原論

専門科目(16単位履修)

比較文明文化

文明、思想、宗教、倫理、民俗などテーマごとに比較研究を展開します。

  • 比較思想研究
  • 比較宗教研究
  • 比較倫理研究
  • 比較観光研究
  • 比較文学研究
  • 比較社会研究
  • 比較政治研究
  • 比較環境研究
地域言語文化

研究対象地域の言語を理解・習得し、論文作成のためのスキルを磨きます。

  • 英米言語文化演習
  • 英米地域文化演習
  • ドイツ言語文化演習
  • ドイツ地域文化演習
  • 日本言語文化演習
  • 日本地域文化演習
  • 中国言語文化演習
  • 中国地域文化演習
共通専門科目

3専攻共通科目として設置され、言語の運用方法、情報処理の手法、アジア圏の言語等を学びます。

  • アカデミック・スキルズ
  • アカデミック・ライティング
  • 言語技術概説
  • 情報処理概論
  • 情報処理研究
  • 教育・心理統計演習
  • 言語テスト論
  • 言語文化研究(東アジア)
  • 言語文化研究(東南アジア)

修士論文指導

特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
6単位履修
1年目
5月
指導教員の登録
10月
研究発表会
2年目修士論文のテーマを設定し、論文作成に専念。
5月
修士論文構想発表会
10月
修士論文中間発表会
1月
修士論文と要旨の提出
2月
修士論文最終試験

修士(文学)取得

平成29年度授業科目

分類 科目名 単位 担当者 履修年次 学期 備 考



比較文明学原論A 岩澤 知子教授 1年次 1学期
比較文明学原論B 犬飼 孝夫教授 1年次 2学期
比較文化学原論A 井出 元教授 1年次 1学期
比較文化学原論B 中山 理教授 1年次 2学期
地域研究原論A 田中 俊弘教授 1年次 1学期
地域研究原論B 櫻井 良樹教授 1年次 2学期








比較思想研究 竹内 啓二教授 1~2年次 2学期
比較宗教研究 岩澤 知子教授 1~2年次 1学期
比較倫理研究 井出 元教授 1~2年次 2学期
比較文学研究 1~2年次 休講
比較社会研究 黒須 里美教授 1~2年次 1学期
比較観光研究 山川 和彦教授 1~2年次 2学期
比較政治研究 梅田 徹教授 1~2年次 2学期
比較環境研究 1~2年次 休講





英米言語文化演習 犬飼 孝夫教授 1~2年次 1学期
英米地域文化演習 田中 俊弘教授 1~2年次 2学期
ドイツ言語文化演習 瀬川 真由美准教授 1~2年次 2学期
ドイツ地域文化演習 山川 和彦教授 1~2年次 1学期
日本言語文化演習 1~2年次 休講
日本地域文化演習 櫻井 良樹教授 1~2年次 1学期
中国言語文化演習 宮下 和大准教授 1~2年次 1学期
中国地域文化演習 梶田 幸雄教授 1~2年次 2学期





アカデミック・スキルズ (下記参照) 1年次 1学期 オムニバス形式
アカデミック・ライティングA 齋藤 茂講師 2年次 1学期 博士(前期)留学生対象科目
アカデミック・ライティングB 齋藤 茂講師 2年次 2学期 博士(前期)留学生対象科目
言語技術概説A 鈴木 有香講師 1~2年次 1学期
言語技術概説B 鈴木 有香講師 1~2年次 2学期
情報処理概論 千葉 庄寿教授 1年次 1学期
情報処理研究A 千葉 庄寿教授 1~2年次 1学期
情報処理研究B 千葉 庄寿教授 1~2年次 2学期
教育・心理統計演習A 中村 健太郎講師 1~2年次 1学期 集中講義
教育・心理統計演習B 中村 健太郎講師 1~2年次 2学期 集中講義
言語テスト論 望月 正道教授 1~2年次 1学期
言語文化研究A(東アジア) 1~2年次 休講
言語文化研究B(東南アジア) 1~2年次 休講



比較文明文化特別研究Ⅰ *井出 元教授
犬飼 孝夫教授
岩澤 知子教授
梅田 徹教授
梶田 幸雄教授
黒須 里美教授
櫻井 良樹教授
田中 俊弘教授
中山 理教授
1年次 1学期/2学期
比較文明文化特別研究Ⅱ 2 2年次
比較文明文化特別研究Ⅲ

【アカデミック・スキルズ担当者】 犬飼教授、井上教授、岩澤教授、梅田教授、大野教授、梶田教授、黒須教授、櫻井教授、田中教授、中道教授、望月教授、山川教授、金准教授、高本准教授、宮下准教授

【修了要件単位】 基礎科目/8単位(他専攻の基礎科目を2単位まで含むことができる。)
専門科目/16単位(比較文明文化、地域言語文化から8単位が必修。他専攻専門科目を6単位まで含むことができ、その6単位には経済研究科修士課程の国際科目を2単位まで含むことができる。共通専門科目の「アカデミック・ライティングA・B」は含むことはできない。)
特別研究/6単位(1年次2学期より順次履修とする。)

*の指導教員は、29年度新規(1年次)の募集をしない。

博士課程(後期)

授業科目(2科目 8単位以上履修)

後期課程は特殊研究を2科目以上履修。専門分野を絞りこんで研究を深められるように配慮されています。

比較文明文化・地域言語文化

比較文明文化や地域の言語文化の研究をさらに深めるための研究に取り組みます。

  • 比較文明文化・地域言語文化特殊研究Ⅰ
  • 比較文明文化・地域言語文化特殊研究Ⅱ

博士論文指導

研究指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
指導教員の指導に基づき博士論文を執筆します。
1・2年目
研究調査の実施
学術雑誌への投稿
学会での発表
3年目
学位論文の提出
予備論文審査
公開審査会
(最終試験)

博士(文学)取得

平成29年度授業科目

分類 科目名 単位 担当者 履修年次 学期 備 考












比較文明文化・
地域言語文化特殊研究Ⅰ
井出 元教授
岩澤 知子教授
梶田 幸雄教授
黒須 里美教授
櫻井 良樹教授
中山 理教授
1年次 通年
比較文明文化・
地域言語文化特殊研究Ⅱ
井出 元教授
岩澤 知子教授
梶田 幸雄教授
黒須 里美教授
櫻井 良樹教授
中山 理教授
2年次 通年



研究指導Ⅰ
研究指導Ⅱ
研究指導Ⅲ
*井出 元教授 1年次
2年次
3年次
通年 3年間継続履修(単位認定なし)
岩澤 知子教授
梶田 幸雄教授
黒須 里美教授
櫻井 良樹教授
中山 理教授

【修了要件単位】 2科目8単位以上、研究指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの履修

*の指導教員は、29 年度新規(1 年次)の募集をしない。

主な論文の題目

日本語教育を支える研究は多岐にわたりますが、研究の基礎は同じです。日本語教育学専攻の研究テーマも、日本語に関する研究、日本語の学習・教育に関する研究、学習者の母語に関する研究と、言語研究・言語教育研究の様々な領域にわたっています。

修士論文
タイの若者における日本のマンガの受容に関する研究 ある革命家の思想の彷徨
─毛沢東と中国革命─
日中の笑いの比較研究について
─落語と相声を中心に─
中国少数民族の観光開発
─雲南省麗江市ナシ族を事例に─
モラロジーの経営倫理に関する一考察
─老舗の永続事例を中心に─
世帯構造とライフコースの地域性
─幕末明治の人口史料を利用して─
日本神話における「猿」のシンボリズム
─サルタヒコとアメノウズメノミコトの物語を通して─
在中日系企業における労働争議に関する研究
─南海本田ストライキ事件を題材にして─
モンゴル族の生活文化の変容
─鳥居龍蔵・鳥居きみ子の調査と比較して─
古代中国思想における「聖なるもの」
─孔子の「天」思想における聖俗概念の一考察─
文明交流を物語る龍
─中国文明における龍信仰─
日中における狐の文化についての考察
─狐と女性との関連を中心に─
韓国は村上春樹をどう読むか
─『ノルウェイの森』を中心に─
日中における仙人像の形成
不死にまつわる感性の展開を中心として
結婚難か結婚回避か
─日本と台湾の比較─
中国における世代間の結婚観の比較研究
─地方都市・長春市の事例から─
平安・鎌倉期にみられる日本的自然観の一考察
─「草木成仏論」形成過程における自然観の比較考察を中心として─
博士論文
新渡戸稲造とハリエット・B・ストウの比較研究
─悲哀に根ざした愛の教育観─
第一次世界大戦期における日中政治外交に関する研究
─大隈・寺内内閣と袁・段政権─
トインビーの「高等宗教」思想
─文明の変動論と苦悩の克服を通じて─
近代西欧文明に対する日韓の思想的対応
─廣池千九郎と沈大允の道徳思想を中心に─
中国雲南省佤(ワ)族の神樹崇拝に関する比較文化学的研究

SPECIAL

for Students and Staff

ページトップへ