1. ホーム>
  2. 入試・入学案内>
  3. 経済研究科の方針

経済研究科の方針

ディプロマ・ポリシー

1.修士課程においては、修士の学位授与要件を満たすとともに、専攻分野における研究能力または高度の専門性を有する職業等に必要な能力を有し、かつ、そうした能力にふさわしい高い品性を備えていること。

2.博士課程においては、博士の学位授与要件を満たすとともに、専攻分野において研究者として自立して研究活動を行える能力または高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力、およびその基礎となる豊かな学識を養い、かつ、そうした能力にふさわしい高い品性を備えていること。

カリキュラム・ポリシー

1.修士課程においては、研究者や高度職業人の養成、生涯学習への需要等に対応するため、専攻分野における高度な知識・技能を修得させるべく、カリキュラム内容の充実をはかるとともに、国際社会に貢献しうる高い品性の涵養に資する研究指導を実施する。

2.博士課程においては、自立した研究者や高度に専門的な業務に従事する人材の育成等に対応するため、専攻分野におけるより高度な知識・技能を習得させるべく、カリキュラム内容の充実をはかるとともに、国際社会で指導的な役割を果たしうる高い品性の涵養に資する研究指導を実施する。

アドミッション・ポリシー

【経済学専攻】
1.本学の基本理念である道徳・倫理観の涵養の重要性を理解し、関心を有する者
2.論理的・合理的な考え方をする基本ができている者
3.経済学の基本的知識・方法論を有する者
4.現実社会の経済現象を理解し、課題発見・解決能力を有する者
5.グローバルな視点で経済問題を論じる能力を有する者
6.学修・研究を進める上で必要な語学力・コミュニケーション能力を有する者

上記に必要な資質の判定のために、試験を実施し、総合的に入学者として相応しいと認められた者に入学資格を与える。

【経営学専攻】
1.本学の基本理念である道徳・倫理観の涵養の重要性を理解し、関心を有する者
2.論理的・合理的な考え方をする基本ができている者
3.経営学の基本的知識・方法論を有する者
4.現実の企業経営や組織現象に関する問題意識をもち、課題発見・解決能力を有する者
5.種々のステークホルダーの福利増進という視点で、経営上の問題を論じる能力を有する者
6.学修・研究を進める上で必要な語学力・コミュニケーション能力を有する者

上記に必要な資質の判定のために、試験を実施し、総合的に入学者として相応しいと認められた者に入学資格を与える。